いこんた日記

カテゴリ:Ricohflex ( 5 )

テイクとビューの同調 / RICOHFLEX Million repair3

ビューレンズのセッティングができたので、次はテイクレンズの取り付けにかかる。ここで最も大切なことは、ビューレンズとテイクレンズの同調である。
つまり、ビューのピントを合わせた距離と、同じ距離でテイクも常にピントが合っているような状態に、二つのレンズをセッティングしなければならない。
まずは、基準点としてテイクレンズをビューレンズと同じ高さで取り付ける。
f0072829_0152821.jpg
同じ高さというのは、レンズの取り付け出しろのことで、写真でも分かるように同じ高さでは、ビューとテイクのギヤの噛み合いが均等になる。

続き・・・
[PR]
by Ikonta_idyll | 2008-07-17 00:19 | Ricohflex

ビューレンズ修理 / RICOHFLEX Million repair2

先日 アップした RICOHFLEX Million のビューレンズの調整をした。フロント部からビューレンズを取り出し分解する。
ビューレンズの問題点は、ヘリコイドがスムーズに動かないこと、距離環の数値と実際の距離が狂っていて無限も合っていないことだった。実測では10feetなのにビューの距離環は13feet付近を示していた。
f0072829_8154243.jpg
ヘリコイドの不具合はテイクレンズと同様に、グリスの固形化が原因だったのでアルコールで洗浄した。これで抵抗が軽減され、スムーズに動くようになった。
f0072829_822859.jpg
距離合わせは∞位置を正確に決めることからスタート。まずビューレンズをストッパーに当たるところまで縮めておき、∞マークと指針を合致させる。その状態で実際の映像(ファインダー内)も無限がくるようにビューレンズをセッティングできればいいわけである。
f0072829_2324278.jpg
ビューレンズに付いているアジャストリングで、レンズの「出しろ」調整する。無限を出すには夜間の遠方の街路灯などを利用する。望遠鏡や双眼鏡で星を見る要領だ。光源が小さくシャープに見えた時が、無限のピントが合った状態になる。その時のアジャストリング位置で、ビューレンズを固定する。

More
[PR]
by Ikonta_idyll | 2008-07-14 08:15 | Ricohflex

RICOHFLEX Million / repair1

ローライ君がヘリコイドが動かないといって持ってきたのは、RICOHFLEX Million というカメラ。
確かに・・・ヘリコイドが固着してビクともしない。おそらくグリスが固まってしまったのだろう。
f0072829_1304187.jpg


作業開始
[PR]
by Ikonta_idyll | 2008-07-08 13:00 | Ricohflex

リコーフレックス 再修理

直ったと思った Ricohflex のシャッター。一日後に確認してみると、シャッターがスムーズに動かない。引っかかったような動きをする。この症状から察するに油切れか・・・。アルコールで洗い過ぎたかもしれない。今度は横着をせず、シャッター部まで露出させることにした。
f0072829_2403853.jpg
手洗い用の石鹸で顔を洗うと、顔がつっぱったようになることがあるが、その状態がシャッター羽根に起きているといえば理解し易いかな・・・。
それと、もう一つの考えられる要因はシャッター羽根の収納部分に、金属くずやサビの粉などのチリが溜まっていてスムーズな動きの邪魔をしていることだった。
f0072829_2485074.jpg
CRC5-56を散布し再度アルコールでよく洗い、チリ類を取り除く。少量の切削用オイルをシャッター羽根の付け根部分に注して完了。
[PR]
by Ikonta_idyll | 2008-07-01 02:51 | Ricohflex

シャッターの不具合

シャッターの動きに問題がある Ricohflex の修理を頼まれた。ネットでさっさと、知識を仕入れて作業にとりかかる。
f0072829_1124565.jpg

誰かのブログに「ブリキの箱」という記述があったが、まさにその通り。なかなか上手い表現だと感心した。また、非常に簡単に分解しやすいカメラだと書いてあったが、こんなにも簡単に分解できるとは驚きだった。
f0072829_1175334.jpg

修理目的のシャッターは、動きが鈍くなってきていて俗に言う「ネバル」状態だ。分解過程でこの不具合の原因は、容易に想像できた。
テイクレンズのヘイコイドからグリスがはみ出していて、このグリスがシャッターの動きを鈍くしてしまったのだ。アルコールでグリスを洗い流す。シャッターがスムーズに動く様になるまでこの作業を続ける。本来はシャッター部分を露出させ、アルコールでグリスを溶かして取り除くところだが、今回はシャッター機構を押さえているレンズ枠が、堅く締まり過ぎていたので注射器を使ってアルコールをシャッター部に流し込み、グリスを溶かして除去する方法をとった。シャッターが正常に作動することを確認して組み立てに取り掛かる。ヴューレンズとテイクレンズに、距離連動の誤差があったので修正しておいた。ヴューとテイクのギヤ2ヤマ分ずらした。これで、ビューの∞がマーク位置にくるようになった。

More
[PR]
by Ikonta_idyll | 2008-06-30 01:48 | Ricohflex