いこんた日記

Canonflex RPって、

Canonflex RPについて調べてみました。
f0072829_19594968.jpg


フレックスRP
35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ

発売年月 1960年(昭和35年)9月
発売時価格 48,000円(R50mm F1.8付き)
北米名称 Flex RP
欧州名称/アジア名称
オセアニア名称 Flex RP
 アイレベルファインダーを固定式にしてコストの低減を図り、連動距離計式P型と同様に、キヤノンフレックスのポピュレール版を意図して開発された一眼レフの普及機、姉妹機であった。
  セルフタイマーのセット部材を単純なレバー式とし、ペンタカバー部を上カバーと一体構造で処理していた他は、性能面、機能面共にキヤノンフレックスと変わらず、買い得感のある機種になっていた。

概 要 主要性能      
型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
画面 サイズ 24×36mm
標準レンズ R50mm F1.8
マウント Rマウント
シャッター 2軸式の布幕横走行フォーカルプレーン1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1秒、B、X(1軸不回転ダイアル式)セルフタイマー内蔵、シャッターボタンのロック機構付き
フラッシュシンクロ FP、X接点(自動切り換え式、X接点の同調秒時は1/55秒、ターミナルソケットはボディ側面 の直結バ ヨネット式)
ファインダー ペンタ固定アイレベル式、倍率=0.9倍、視野率=上下92%、左右94%、全面 特殊フレネルマットスクリ ーン(距離計なし)
露出計 シャッターダイアルの回転に連動する絞り値読み取りセレン光電池式。測光連動範囲は、ISO100の条件でEV10~19、EV4~13の高低2段切り替え式、外部取り付け式露出計あり
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み式、底部トリガー130度回転による1作動式
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰の順算式、1.5倍ルーペ付き
フィルム巻き戻し 折り畳み回転クランク式
大きさと質量 145×100×49mm、680g(ボディ)
     
[PR]
by Ikonta_idyll | 2006-02-20 19:58 | Canonflex RP