いこんた日記

レンズを分解 / Canonflex RP

ikontaよりも、取り組み易そうなCanon RPから取り掛かりました。
まずは、レンズのカビ・ホコリを取り除く為にレンズの分解です。
f0072829_11242880.jpg




この、Super-CanoMatic Lens Rは今回初めた触ったレンズです。特徴は絞りリングが、2つあること・・・一方はオート絞り、もう一方は実絞りリングです。オート機能のないカメラに対応するためか、若しくは被写体深度の確認をするためのものだと思われます。

分解は案外簡単でした。分解する時に取り付けてある各レンズの向き(表・裏)や、絞り位置、ヘリコイド位置を覚えておくことが肝要です。そうする事で、組み立てる時に迷うことなく仕事が出来ます(笑

カビは、塩素系の薬品で洗浄しました。ホコリなどは、ガラスクリーナーを使い、セーム皮でふき取りです。コーティグも痛めることなくクリヤーに出来ました。この時代のレンズは、イエロー系のコーティグが施されています。おそらく、白黒フィルムの時代だったからでしょう。

50mmの後ろ玉についたキズは、修復不可能でした(涙
ガラスコンパウンドを使ってみましたが、あまり効果はありませんでした。どの程度撮影に障害をもたらすか気になります。

同じ要領で、135mmも分解清掃をしました。筒が長くレンズが大きかったので、こちらのが苦戦しました(笑
[PR]
by Ikonta_idyll | 2006-02-19 11:19 | Canonflex RP